免疫力アップで病気予防

ワクチン副作用情報 I thank an unknown cooperator.

privilege of Koreans in Japan

在特会

画像の説明

 ***

日本での韓国人(朝鮮人) / Koreans in Japan

画像の説明

  © Stanford University. All Rights Reserved

 戦前日本と韓国ディアスポラの起源
 Pre-war Japan and the Origins of the Korean Diaspora

1910年に韓国の日本の併合の際には、千わずか数韓国人が主日本列島に住んでいた。この集団は、主に1868年の明治維新後の最初の四十年かそこらの間に日本に入った学生、商人、労働者で構成されていた。

 At the time of Japan's annexation of Korea in 1910, only several thousand Koreans lived in the main Japanese islands. This population largely consisted of students, merchants, and workers who entered Japan during the first four decades or so after the Meiji Restoration in 1868.

1920年代に、日本経済は労働力の不足を経験した。これに応答して、韓国人は日本に移住し、より良い教育と雇用の機会を求めている。 1920年代後半までは、ほとんどが頻繁に職業をシフトし、男性の出稼ぎ労働者であった​​。ほとんどの民族の韓国人は(Chejudo含む北米、慶尚南道と全羅南道、)韓国の南部3州からの農民だった。多くは不十分な教育を受け、読み書きのできない、韓国の労働者は部落民や沖縄と一緒に、マニュアルと卑しい仕事に従事していたので。特に、韓国の労働者は、建設·鉱山での仕事を支配した。

 In the 1920s, the Japanese economy experienced a shortage of labor. In response, Koreans seeking better educational and employment opportunities migrated to Japan. Until the late 1920s, most were male migrant workers who frequently shifted occupations. Most ethnic Koreans were farmers from three southern provinces in Korea (North and South Kyongsang and South Cholla, including Chejudo). Since many were poorly educated and illiterate, Korean workers engaged in manual and menial work, along with Burakumin and Okinawans. In particular, Korean workers dominated jobs in construction and mining.

1930年、朝鮮は日本の主要都市で認識可能な社会集団を構成していた。彼らはしばしば民族の日本人よりもはるかに低い賃金を受け、なぜなら貧困と差別の韓国人ゲットーに集まっ。 1930年代には、韓国の家族が日本に定住し始め、人口統計は、女性や子供を含むように拡張。 1930年代半ばでは、韓国人のほぼ3分の1は日本で生まれた。 1920,1930の間では、在日朝鮮人の数は、419000に倍以上の増加。

 By 1930, ethnic Koreans constituted a recognizable social group in major Japanese cities. They often received much lower wages than ethnic Japanese and congregated in Korean ghettoes because of poverty and discrimination. In the 1930s, Korean families began to settle down in Japan and the demographics expanded to include women and children. By the mid-1930s, almost a third of Koreans were born in Japan. Between 1920 and 1930, the number of Koreans in Japan increased over tenfold to 419,000.

 第二次世界大戦と強制移行
 World War II and Enforced Migration

第二次世界大戦の前に日本への韓国人移民は、主に自発的であったが、戦時中の労働力不足は、強制移住につながった。どちらも日本の民族や韓国人が工場や鉱山で働くために韓国人男性と女性の徴兵に共謀。 1939年から1945年の間に、日本政府は、日本で働くこと700,000-800,000韓国人をもたらした。 20万人以上の民族韓国人は日本帝国のために戦った。 1945年までに、韓国人の数は約200万でピークに達した。日本の多くの韓国人(約239,000一部の学者によると)戦争関連の負傷や死亡を負った。最大30,000の民族韓国人は広島の原爆の爆発で死亡した。

 While Korean immigration to Japan prior to World War II was largely voluntary, wartime labor shortages led to enforced migration. Both ethnic Japanese and Koreans colluded in the conscription of Koreans, men and women, to work in factories and mines. Between 1939 and 1945, the Japanese government brought 700,000-800,000 Koreans to work in Japan. Over 200,000 ethnic Koreans fought for the Japanese empire. By 1945, the number of Koreans peaked at approximately 2 million. Many Koreans in Japan suffered war-related injuries and deaths (approximately 239,000 according to some scholars). Up to 30,000 ethnic Koreans died in the atomic bomb explosion in Hiroshima.

第二次世界大戦における日本の敗戦後、朝鮮族の大部分(1から1400000)は、日本を離れた。 1948によって、朝鮮の人口は約60万和解した。これらの韓国人とその子孫は、一般的に在日(文字通り「在日」)、終戦直後に登場した言葉と呼ばれている。現在までの第二次世界大戦の終わり以来、在日韓国人の数は同じ図を中心に居座っています。

 Following Japan's defeat in World War II, the majority of ethnic Koreans (1-1.4 million) left Japan. By 1948, the population of ethnic Koreans settled around 600,000. These Koreans and their descendants are commonly referred to as Zainichi (literally "residing in Japan"), a term that appeared in the immediate postwar years. Since the end of World War II to the present, the number of Zainichi Koreans has lingered around the same figure.

日本に残った朝鮮は、多様な理由のためにそうした。植民地時代に、ビジネス、帝国官僚、軍事での輝かしいキャリアを達成したりした韓国人は戦争を選んだのリスクではなく、日本社会で比較的特権的地位を維持するためには、帰国した直後に開かれ、経済的な機会を利用し撮影していた貧困と政治的に不安定なポスト解放韓国。送還一部の韓国人は、そのように彼らが帰国することを決めたことを観察した劣悪な条件によって撃退された。日本に住んでいる他の韓国人が出国ポートのいずれかに電車賃を買う余裕ができませんでした。民族的日本人配偶者と日本生まれ、日本語を話す子どもたち、それは日本に滞在するのではなく、新しい環境の文化的、言語的な課題をナビゲートするために、より理にかなってを持っていた人同胞のために。

 Ethnic Koreans who remained in Japan did so for diverse reasons. Koreans who had achieved successful careers in business, the imperial bureaucracy, and the military during the colonial period or who had taken advantage of economic opportunities that opened up immediately after the war–opted to maintain their relatively privileged status in Japanese society rather than risk returning to an impoverished and politically unstable post-Liberation Korea. Some Koreans who repatriated were so repulsed by the poor conditions they observed that they decided to return to Japan. Other Koreans living in Japan could not afford the train fare to one of the departure ports. For ethnic Koreans who had ethnic Japanese spouses and Japanese-born, Japanese-speaking children, it made more sense to stay in Japan rather than to navigate the cultural and linguistic challenges of a new environment.

 在日朝鮮人の民族差別
 Ethnic Discrimination of Koreans in Japan

韓国人が日本で第二次世界大戦の前には、人種差別や経済的搾取を被っているが、日本の当局は、それにもかかわらず、日本国民として朝鮮を数え、完全に日本の教育や結婚の推進を通じて、日本社会への朝鮮人を同化しようとした。戦争に続いて、しかし、日本政府は、もはや日本国民として、それらを認識し、外国人として朝鮮族を定義されていません。

 Although Koreans in Japan prior to World War II suffered racial discrimination and economic exploitation, the Japanese authorities nonetheless counted ethnic Koreans as Japanese nationals and sought to fully assimilate Koreans into Japanese society through Japanese education and the promotion of intermarriage. Following the war, however, the Japanese government defined ethnic Koreans as foreigners, no longer recognizing them as Japanese nationals.

長期在日の使用は、すなわち「在日」韓国人が一時的に日本に住んでいたし、すぐに韓国に戻ってくることを全体的な期待を反映している。 1945年12月では、韓国人は議決権を失った。 1947年、外国人登録法は、外国人の状態に同胞を委託。 1950国籍法は、日本国籍の日本人の母親を持つ在日の子を取り除い。日本人の父親を持つ唯一の子供達は日本国籍を維持するために許可されます。 1952の時点では、旧植民地の被験者-大半が韓国人だった - その故郷(韓国を含む)の合法的な国民国家としての日本で認識されませんでしたステートレスレンダリングされた。

 The use of the term Zainichi, or "residing in Japan" reflected the overall expectation that Koreans were living in Japan on a temporary basis and would soon return to Korea. By December 1945, Koreans lost their voting rights. In 1947, the Alien Registration Law consigned ethnic Koreans to alien status. The 1950 Nationality Law stripped Zainichi children with Japanese mothers of their Japanese nationality; only children with Japanese fathers would be allowed to keep their Japanese citizenship. As of 1952, former colonial subjects–the majority of whom were Korean--whose homeland was not recognized by Japan as a legitimate nation-state (including Korea) were rendered stateless.

1955年に、法律はすべての登録外国人は指紋をすることが必要。民族朝鮮人であっても、日本の戦後の憲法で非国民に与えられた権利から除外した。雇用政策は、韓国人がインフォーマル·セクターの雇用を追求し、すべての公共および民間セクターの雇用を禁じ、1945年後にすべての「日本語」ジョブから韓国人を除外し、そのような違法アルコール製造、スクラップリサイクル、恐喝などの違法またはマージナル経済活動に従事して。

 In 1955, a law required that all registered foreigners be fingerprinted. Ethnic Koreans were even excluded from the rights granted to non-nationals in Japan's postwar constitution. Employment policies excluded Koreans from all "Japanese" jobs after 1945. Barred from all public and private-sector employment, Koreans pursued jobs in the informal-sector and engaged in illegal or marginal economic activities such as illegal alcohol production, scrap recycling, and racketeering.

 北朝鮮と韓国との国交正常化への送還
 Repatriation to North Korea and Normalization of Relations with South Korea

戦後の民族の韓国の組織が経済支援を提供し、民族の韓国人の権利のために戦った。プロ共産党組織プロ北朝鮮、日本の居住韓国人の一般的な連盟は、通常、ソレン呼ばあるいは最も影響力の一つ総連は、となりました。

 Postwar ethnic Korean organizations provided economic assistance and fought for ethnic Korean rights. The pro-North Korean, pro-Communist organization, the General Federation of Resident Koreans in Japan, usually called Soren or Chongryun–became one of the most influential.

民族の企業のための融資を提供することに加えて、ソレンは、韓国への最終的なリターンのための学生を準備するために韓国語と韓国史を教え、民族学校を設立しました。日本では在日の悲惨な状況や韓国の遅れ経済と独裁独裁とは対照的に、ソレンは共産党の楽園として北朝鮮を投影した、すべての韓国人だろう一日のリターン、共産党の指定された1950年代の生見えたビジョン前と第二次世界大戦後の朝鮮人とその期間、韓国以上の北朝鮮の経済的成功のためのサポート。 1950を通じて、ソレンは日本で朝鮮の90%以上の支持を獲得した。

 In addition to providing loans for ethnic businesses, Soren established ethnic schools that taught Korean language and history to prepare students for eventual return to Korea. In contrast to the miserable status of Zainichi in Japan and the lagging economy and autocratic dictatorship in South Korea, Soren projected North Korea as a Communist paradise to which all Koreans would one day return, a vision that seemed viable in the 1950s given the Communist Party's support for Koreans before and after World War II and the economic success of North Korea over South Korea during that period. Throughout the 1950s, Soren won the support of more than 90 percent of ethnic Koreans in Japan.

1950年代後半には、ソレンは6731日本語を含む北朝鮮への93340人の合計を、派遣送還プロジェクトを立ち上げました。約7万在日ただし、数字は翌年激減し、1961年を通じて1960年から2年間に送還され、効果的に1960年代初頭に終わっ送還プロジェクトは(公式には、このプロジェクトは1984年に終わった)。

 In the late 1950s, Soren launched a repatriation project that dispatched a total of 93,340 people to North Korea, including 6,731 Japanese. Approximately 70,000 Zainichi repatriated during a two-year period from 1960 through 1961. The numbers dropped dramatically the following year, however, and the repatriation project effectively ended in the early 1960s (Officially, the project ended in 1984).

北朝鮮の貧困、汚職、そして独裁が明らかになった場合には、ソレンメンバーシップが低下し始めた。日本は1965年の正規条約を通じて韓国との正式な外交関係を確立したときのメンバーシップはさらに低下した。在日朝鮮人のための条約に提供インセンティブが日本の医療·福祉の利益への機能の韓国のパスポート、旅行する自由、アクセスを含め、韓国の国籍を模索する。

 When North Korean poverty, corruption, and autocracy became apparent, Soren membership began to decline. Membership declined even further when Japan established formal diplomatic relations with South Korea through the 1965 Normalization Treaty. The treaty provided incentives for Koreans in Japan to seek South Korean citizenship, including a functional South Korean passport, freedom to travel, and access to Japanese medical and welfare benefits.

韓国への大規模な本国送還は、しかし、発生しなかった。多くの在日ちょうど1960年代と1970年代に魅力のない別の方法では朴正煕の独裁軍事独裁の下で韓国の急速な経済成長と繁栄に発見された人生の期間に入った生きた日本民主主義国。また、在日韓国人はその後、あまりにも日本社会に定着になることであった。日本の民族韓国人は文化的、言語的に日本人であった​​。

 Large-scale repatriation to South Korea, however, did not occur. Many Zainichi living Japan–a democratic country that had just entered a period of rapid economic growth and prosperity–found life in South Korea under the autocratic military dictatorship of Park Chung Hee in the 1960s and 1970s an unattractive alternative. Also, Zainichi Koreans had by then become too entrenched in Japanese society. Ethnic Koreans in Japan were culturally and linguistically Japanese.

加えて、(本国送金プロジェクトで)または祖国と同様に、それぞれの政府による疑惑や拒絶反応を経験した1960年代後半(1965ノーマライゼーション条約後)における韓国に1950年代後半から1960年代初頭に北朝鮮に戻った在日韓国人同胞。北朝鮮のクラスのシステムでは、在日が二流市民として扱われたと韓国や日本はスパイとして疑わ。第二世代の在日の1960年代の韓国への旅行者と1970は、多くの場合、韓国の出入国管理当局と共同国民による敵対的治療を受けた。

 In addition, Zainichi Koreans who returned to North Korea in the late 1950s and early 1960s (during the repatriation project) or to South Korea in the late 1960s (following the 1965 Normalization Treaty) experienced suspicion and rejection by the respective governments as well as homeland compatriots. In the North Korean class system, Zainichi were treated as second-class citizens and suspected as spies for the South or Japan. Second-generation Zainichi travelers to South Korea in the 1960s and 1970s often received hostile treatment by South Korean immigration authorities and co-nationals.

 コリアナまたは日本語化の間の選択
 Choosing between Koreanization or Japanization

日本での定住の見通しにもかかわらず、少数民族の韓国人は日本の市民として帰化することにしました。のみ233韓国人は1950年代と1960年代には1952年に帰化した、の図は、2,000sと3,000sの間で変動。帰化は在日の住民の間タブーと考えられたからであった。それは民族的裏切り行為、在日の経験とアイデンティティの除去、反逆罪に等しいでした。

 Despite the prospect of permanent settlement in Japan, few ethnic Koreans chose to naturalize as Japanese citizens. Only 233 Koreans were naturalized in 1952. In the 1950s and 1960s, the figure fluctuated between the 2,000s and 3,000s. This was because naturalization was considered taboo among the Zainichi population; it was an act of ethnic betrayal, a rejection of Zainichi experience and identity, and tantamount to treason.

帰化または混合在日は、多くの場合、二重の除外を受けた。日本政府はethnoracially均質な社会としての日本を演じているため、民族の市民権の代名詞となった。 1980年代後半までは、帰化は、日本の響きの名前と戸籍(または戸籍)の日本の慣行の遵守の採用を必要とした。また、帰化は反韓差別からの保護を保証するか、自分の韓国語の祖先の暴露の恐れがなくなるわけではありませんでした。

  Naturalized or mixed Zainichi often suffered double exclusion. Since the Japanese government portrayed Japan as an ethnoracially homogenous society, ethnicity became synonymous with citizenship. Until the late 1980s, naturalization required the adoption of Japanese-sounding names and compliance with the Japanese practice of household registration (or koseki). Moreover, naturalization did not guarantee protection from anti-Korean discrimination or eliminate fear of exposure of one's Korean ancestry.

 戦後の除外と在日公民権運動
 Post-War Exclusion and the Zainichi Civil Rights Movement

第二次世界大戦後の最初の四半世紀、日本民族韓国人は体系的排除と差別の中で教育、雇用、住宅、結婚に直面し続けた。

 In the first quarter-century following World War II, ethnic Koreans in Japan continued to face systematic exclusion and discrimination–in education, employment, housing, and marriage.

すべての公共部門の雇用と一流の専門職や職業を禁じ、在日人口は(そのような焼肉レストランやパチンコ店など)、主に日本の顧客をターゲットにすること自営業、サービス、エンターテイメント分野での民族経済を作成しました。 1980年代まで、納税者としての平等な待遇にもかかわらず、在日は、医療、福祉、年金、および他の安全ネットと公共サービスを受ける際の障害に直面した。

 Barred from all public-sector jobs and prestigious professions and occupations, the Zainichi population created an ethnic economy in self-employed, service, and entertainment sectors that targeted principally Japanese customers (such as yakiniku restaurants and pachinko parlors). Until the 1980s, despite their equal treatment as taxpayers, Zainichi faced barriers to receiving medical, welfare, pension, and other safety nets and public services.

1970年代には、新しい社会運動や知的電流は民族的動員と在日のアイデンティティの表明を奨励した。例えば、韓国人は、抗指紋動きと帰化朝鮮人の民族性を主張し、「実名」イニシアチブを主導した。いくつかは、コリアタウンを作成しようとした。その他地方参政権の権利を獲得しようとした。

 In the 1970s, new social movements and intellectual currents encouraged ethnic mobilization and the assertion of a Zainichi identity. For example, Koreans led an anti-fingerprinting movement and a "real-name" initiative that asserted the ethnicity of naturalized Koreans. Some sought to create a Koreatown. Others sought to win local suffrage rights.

在日政治活動の10年以上の後、地元当局は1980年代初期によって公務員の位置について、韓国国民を雇うようになった。 1980年代半ばでは、医療や科学の分野における民族の韓国人の割合は、二回の民族、日本人のそれであった。 1985年には、日本の国籍法の改正は、市民権の父系降下を排除した。帰化韓国人は民族韓国人の名前を維持するために1987年には、それが可能となった。 1991年までに、永住権の状態がほぼ全在日集団に付与されました。 1993年までに、永住者のための外国人登録の際に強制指紋の屈辱実践は廃止された。民族的日本人と朝鮮の間での教育と雇用のギャップは1980年代大幅に縮小した。

 After more than a decade of Zainichi political activism, local authorities started to hire Korean nationals for civil service positions by the early 1980s. By the mid-1980s, the proportion of ethnic Koreans in medical and scientific fields was twice that of the ethnic Japanese population. In 1985, revision of Japan's nationality laws eliminated the patrilineal descent of citizenship. In 1987, it became possible for naturalized Koreans to keep their ethnic Korean names. By 1991, permanent residency status was granted to almost the entire Zainichi population. By 1993, the demeaning practice of forced fingerprinting during alien registration for permanent residents was abolished. Educational and employment gaps between ethnic Japanese and ethnic Koreans narrowed considerably by the 1980s.

 ポスト在日韓国·日本のアイデンティティの台頭
 The Rise of a Post-Zainichi, Korean-Japanese Identity

1990年代、植民地主義や人種差別の遺産は明らかに衰えていた。スポーツ、観光、韓国の大衆文化が韓国で日本の関心を調達した。国際社会からだけでなく、国内の社会集団の両方からの圧力が意識を増加し、少数民族に向けた差別についての日本の態度を変えた。 2000年代に、韓国のセレブや第三世代は、在日が公然と誇らしげに自分の韓国語の遺産を発表しました。

 By the 1990s, the legacy of colonialism and racism had clearly waned. Sports, tourism, and Korean popular culture raised Japanese interest in South Korea. Both pressure from the international community as well as from domestic social groups increased awareness and changed Japanese attitudes about discrimination towards ethnic minorities. In the 2000s, South Korean celebrities and third-generation Zainichi openly and proudly announced their Korean heritage.

21世紀初頭では、万にわたって在日毎年帰化することにしました。帰化は民族の裏切り行為であったことを当然の1950年代と1960年代の排除と差別の最も暗い十年を経験した第一世代の在日とは対照的に、年齢に来た後続世代はもう取らなかった。むしろ、多くの在日は本日、個人の選択の問題として帰化を考慮し、韓国、日本のアイデンティティの可能性を受け入れる。

 By the early twenty-first century, over 10,000 Zainichi chose to naturalize every year. In contrast to first-generation Zainichi who had experienced the darkest decades of exclusion and discrimination in the 1950s and 1960s, successive generations who came of age no longer took for granted that naturalization was an act of ethnic betrayal. Rather, many Zainichi today consider naturalization as a matter of individual choice and embrace the possibility of a Korean-Japanese identity.

 参考文献 / References

・チャップマン、デビッド。 2008年在日韓国人のアイデンティティとエスニシティ。ニューヨーク:ルートレッジ。
 Chapman, David. 2008. Zainichi Korean Identity and Ethnicity. New York: Routledge.

・ジョン リー。 2008在日(在日朝鮮人):ディアスポラナショナリズムとポストコロニアルアイデンティティ。バークレーカリフォルニア大学出版。
 Lie, John. 2008. Zainichi (Koreans in Japan): Diasporic Nationalism and Postcolonial Identity. Berkeley: University of California Press.

・ジョン リー。在日:在日朝鮮ディアスポラ。アジアについての教育。 14(2):16-21。
 Lie, John. Zainichi: The Korean Diaspora in Japan. Education About Asia. 14 (2): 16-21.

・Ryang、ソニアとジョンリー編。国土のない2009ディアスポラ:日本のビーイング韓国。バークレーカリフォルニア大学出版。
 Ryang, Sonia and John Lie, eds. 2009. Diaspora without Homeland: Being Korean in Japan. Berkeley: University of California Press.

・Ryang、ソニア。日本では1997年北朝鮮:言語、イデオロギー、およびアイデンティティ。コロラド州ボールダー:ウェストビューに押します。
 Ryang, Sonia. 1997. North Koreans in Japan: Language, Ideology, and Identity. Boulder, Colorado: Westview Press.

http://spice.fsi.stanford.edu/docs/koreans_in_japan



powered by Quick Homepage Maker 4.51
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

QLOOKアクセス解析