免疫力アップで病気予防

ワクチン副作用情報 I thank an unknown cooperator.

population of 90% reduction

世界人口の90%の削減を求めた

 持続可能な開発会議講演者

Sustainable development conference speaker called for 90% reduction in world population

画像の説明

https://www.lifesitenews.com/blogs/sustainable-development-conference-speaker-called-for-90-reduction-in-world

ジョージアガイドストーン

 石に設定された人間を退治する計画。
 Georgia Guidestones – le plan d’extermination des humains gravé dans la pierre.

http://pub.neologis.com/www/images/eae534711c36c1159161ae13a0423244.jpg

グルジアガイドストーンは、大規模な過疎化のように、新世界秩序に関連して、十戒を刻印されている米国ではジョージア州の北東部に建てられた神秘的な記念碑を、調査の物語(午前〇時23分)であり、一つの世界政府、作者不明である精神性など、新しいタイプの導入、およびそのはオカルト秘密結社と世界のエリートにリンクされることになります。

 Les Georgia Guidestones, est un reportage (0h23) qui enquête sur ce monument mystérieux dressé dans le nord-est de la Géorgie aux États-Unis, sur lequel sont gravés dix commandements en rapport avec le Nouvel Ordre Mondial, comme le dépeuplement massif, un gouvernement mondial unique, l’introduction d’un nouveau type de spiritualité, etc., dont les auteurs sont inconnus, et qui seraient en lien avec les sociétés secrètes occultes et l’élite mondiale.

http://stopmensonges.com/georgia-guidestones-le-plan-dextermination-des-humains-grave-dans-la-pierre/

どうやって人類の90%を削減するのでしょう?

頭の良いユダヤ人たちは、ハイテク機器を活用し馬鹿な科学者を上手に使い着実に実行します。

  Reversal magnetic field of the Earth

 例えば地球の傾き(軸の傾き)の変更

画像の説明

There seem to be 2 schools of thought regarding the coming Pole Shift :

これらの最初は、エドガー·ケイシーと多数の他の霊能者の測定値に述べたように、地球は実際に、その軸に傾くだろうという信念です。むしろ内部のフルーツの周りのスライドのオレンジの皮のように、地球の地殻は、それに応じて移動すると予測されます。

 The first of these is the belief that the Earth will actually tilt on its axis, as stated in the readings of Edgar Cayce and numerous other psychics. Rather like the skin of an orange sliding round the fruit inside, the crust of the Earth is predicted to move accordingly.

これをサポートするためにいくつかの証拠がある:例えば、ポールは、時間をかけて、氷の蓄積を持つ惑星「トップヘビー "を作ることができ、したがって、地球の回転の自然ウォブルと一緒に、このと結合します軸を転倒。おそらくこれは、彼らの口で凍結ヒナギク、唯一の温帯気候で​​育つ植物とシベリアで見つかったマンモスを説明するであろう。

 There is some evidence to support this: For example, the poles, over time, may make the planet "top heavy" with the accumulation of ice and thus, in conjunction with the natural wobble in the rotation of the Earth, combine with this to tip the axis over. Perhaps this would explain the Mammoths found in Siberia with frozen daisies in their mouths, plants that only grow in temperate climates.

(それらが時にあった惑星の一部に応じて)太陽のいずれかがまだ立っていたか、暗闇の3日の時間の言う世界中の先住民族からの数多くの伝説があります。両方の多大な情報と予言は、これが私たちの大きな冒険のために私達を準備している進行中の地球の変化の本質的な部分であることに同意チャネリング

 There are numerous legends from indigenous peoples around the world that tell of a time when either the sun stood still or 3 days of darkness (depending on which part of the planet they were on at the time). A great deal of both channelled information and prophecy agree that this is an essential part of the ongoing Earth Changes that are preparing us for our great adventure

http://www.crawford2000.co.uk/mag.htm

   -----

場所を取って、地球の磁極の反転はありますか?

 Is a reversal of the earth’s magnetic poles taking place?

火山、地震、海から奇妙な音。それは、高速発生した場合、ポールシフトに新しい衝撃的な証拠ポイントは、世界中の混乱の原因となります。

 Volcanoes, earthquakes, strange noises from the sea. New shocking evidence points to a pole shift which, if it happens fast, will cause chaos around the world.

地球の北と南の磁極は、世界の磁気極性を反転、場所を交換を開始したときの極反転は、前に起こりました。地球の歴史を追跡する科学者たちは、コア試料を研究することによって、これらのイベントの74を同定しました。これらは、地面の下、厚い極地の氷に数百または数千フィートから抽出されます。

 A pole reversal, when the earth’s north and south magnetic poles start to swap places, reversing the world’s magnetic polarity, has happened before. Scientists who track the history of the planet have identified 74 of these events by studying core samples. These are extracted from hundreds or thousands of feet down in the ground and in the thick polar ice.

突然のシフトは、スケールの津波は、我々はほとんど右非常に大きいと広範囲に及ぶ米国および他のすべての主要な国土、火山噴火全体の洗浄が可能な想像できない、それは致命的な地震を引き起こす可能性がとても大きく、地球のバランスを投げるだろうと、得られた灰の雲とガスが太陽の光を覆い、新しい突然氷の年齢を引き起こす可能性があります。

 A sudden shift would throw the earth’s balance out so significantly it could trigger lethal earthquakes, tsunami on a scale we can hardly imagine capable of washing right across the United States and every other major landmass, volcanic eruptions so large and widespread that the resulting ash clouds and gases could blanket the sun’s rays and trigger a new sudden ice-age.

科学者たちは、「混沌堆積物」を識別することにより、以前のハルマゲドンスタイルの破壊の証拠を探してどこに泥や小さな磁気的に帯電した断片のバンドの形で地球の歴史の中で土、岩と氷レコード変わり者イベントの狭い層。科学者には、これらは突然の洪水、氷溶融または灰堆積物の明確な指標です。これは、凍結および地球の歴史の中で融解のサイクルの長い期間外発見された場合、それはポールシフトの指標です。

 Scientists look for evidence of previous Armageddon-style destruction by identifying “chaotic sediments” where narrow layers of earth, rock and ice record oddball events in the earth’s history in the form of bands of mud and tiny magnetically-charged fragments. To scientists, these are clear indicators of sudden floods, ice-melt or ash deposits. When this is found outside a long period of the cycle of freezing and melting in the earth’s history, it is an indicator of a pole shift

ポールシフトは、構造プレートの動きの大幅な増加、彼らは定期的に上向きにフリック閉じた手のひらで丸め拳のように解放するまでお互いにプッシュして挽く地球の地殻内の対向クラックの巨大なラインを引き起こします。

 Pole shifts cause a major increase in the movement of the tectonic plates, the giant lines of opposing cracks in the earth’s crust which push and grind against each other until they periodically release like a balled fist in a closed palm flicking upwards.

可能な反転に向かって指して自然災害やその他の奇妙な、明らかに無関係の事件の急激な増加の中で兆候が存在することになります。これは、広く認識されている磁北、依存している磁気ナビゲーションに依存コンパスやデバイスは、カナダへの現在のグリーンランドの上の位置と近いからロシアに向けてますます急速にシフトしつつある地球の一番上にその点。これは、10年間で400キロを移動して加速しています。

 There are now signs amongst the sharp increase in natural disasters and other strange, apparently unrelated incidents which point towards a possible reversal. It is widely-recognised that magnetic north, that point at the top of the globe which compasses and devices which depend on magnetic navigation rely, is shifting increasingly quickly towards Russia from its current position above Greenland and nearer to Canada. It has moved 400 km in the last decade and is accelerating.

私たちの太陽は、すべての11-13年の南北極を入れ替え、ちょうどそのように行っています。太陽の影響は、地球に大きな影響を持つことができる太陽嵐の数と強度を刺激することです。これらは、テレビ送信及び電源を妨害する可能性があります。

 Our sun swaps its north and south pole every 11-13 years and has just done so. The effect on the sun is to stimulate the number and intensity of solar storms which can have a major effect on the earth. They can interfere with tv transmissions and power supplies.

磁気北と南の間の磁化反転の効果を示している可能性があります他の徴候は、最後の数日間で世界中で噴火し始めている前例のない7火山、および7.0の大きさの主要なスパイクを加えた地震はほとんど私が持っているすべてのです数日ドキュメンタリーメーカーなどのイベントの後に個人的に目撃しました。

 Other signs which might indicate the effects of a magnetic reversal between magnetic north and south are an unprecedented seven volcanoes which have started to erupt around the world in the last few days, and a major spike of 7.0 magnitude plus earthquakes almost all of which I have witnessed personally a few days after the event as a documentary maker.

サイクルは、2004年にインドネシアで開始され、ネパールで非常に最近再び発生しました。地震活動におけるこれらの急増は、すべての30年発生したか、そのようにして自然の干満の一部であってもよいが、それらは東から離れ磁北の絶え間ないと迅速化行進の光の中で主要なトレンド何ができるかの別の側面であります元の位置。

 The cycle started in Indonesia in 2004 and occurred again very recently in Nepal. These sharp increases in seismic activity do occur every 30 years or so and may be part of a natural ebb and flow but they are another aspect of what could be a major trend in the light of the relentless and quickening march of magnetic north east away from its original position.

USGS(アメリカ地質調査所)とNASAは新たなマグマ溜まりユタ大学について非常に懸念している、彼らは既に知っていた溶岩と鉄の巨大な湖に加えて、イエローストーン国立公園の下に、最近発見しました。これは、グランドキャニオンの驚異的な11倍の体積です。突然のポールシフトは、ロサンゼルスの表面積のマグマ溜りが爆破する必要がプッシュになる可能性があります。それがない場合は、北米のほとんどはすぐに破壊されると、新しい氷河期が始まるだろう。

 USGS and NASA are very concerned about a new magma chamber the University of Utah have discovered recently under Yellowstone National Park in addition to the enormous lake of molten rock and iron they already knew about. This one is an astonishing 11 times the volume of the Grand Canyon. A sudden pole shift could become the push the magma chamber with the surface area of Los Angeles needs to blow up. If it does, most of North America would be destroyed instantly and a new ice age would begin.

質問を頼むもう一つの物語」が起こっている地球上でどのような「一晩だけですぐ北に日本の先端の海底から登場している300メートル(900フィート)高い島です。このエリアには、史上最悪の津波の一つの原因と、2011年に日本を介してリッピング8.9マグニチュード地震の起源でした。

 Another story which begs the question “what on earth is going on” is a 300 metre (900 feet) high island which has appeared from the sea bed just north of the tip of Japan in just one night. This area was the origin of the 8.9 Magnitude earthquake which ripped through Japan in 2011, causing one of the worst tsunami of all time.

それが海底にダウンマイルを発生するようにそれが頻繁に見たことがないされているが、地震や津波を引き起こし、突然巨大な熱と圧力の下で移動する地殻プレートのセクションは、飛躍的に移動することが知られています。新しい棚800キロ(500マイル)と60メートル(180フィート高い)は、地球の円周3回のラウンド完全に掃引悪名高い津波を引き起こした2004年のインドネシアの西海岸をオフに現れました。

 Sections of crustal plates which suddenly move under enormous heat and pressure which cause earthquakes and tsunami have been known to move dramatically, although it is often never seen as it occurs miles down on the seabed. A new shelf 800 km (500 miles) and 60 metre (180 feet high) appeared off the west coast of Indonesia in 2004 which triggered the infamous tsunami wave which swept completely round the earth’s circumference three times.

ネパール7.7マグニチュードの地震はユーラシア構造プレートの反対側の端部に5000キロ(3000マイル)離れた場所を取ったように、新しい日本の国土は、ほぼ正確に同じ時間に現れました。

 The new Japanese landmass appeared at almost exactly the same time as the Nepal 7.7 Magnitude earthquake took place 5,000 km (3,000 miles) away at the opposite end of the Eurasian tectonic plate.

最後に、妙に振る舞う性質の奇妙なアカウントは、海から変なうなり音のレポートです。科学者は、海洋ものの実行電流の影響としてこれを説明しました。

 Finally the weirdest account of nature behaving strangely are reports of a strange humming noise coming from the sea. Scientists have explained this as the effect of the currents running though the oceans.

  Simon Ludgate

http://yournewswire.com/new-shocking-evidence-points-to-pole-shift/

© 2015 Copyright Your News Wire.

   ----

地球の磁場が弱まり磁極が変わる

画像の説明

2012: Magnetic Pole Reversal Happens All The (Geologic) Time

http://linkis.com/www.nasa.gov/topics/Je6ps

太陽の磁場が反転しようとしています

  The Sun's Magnetic Field is about to Flip

2013年12月6日
(編集者注:この物語は、もともと2013年8月に発行されました)

 (Editor's Note: This story was originally issued August 2013.)

大きな何かが太陽で発生しようとしています。NASA-サポート天文台からの測定によると、太陽の巨大な磁場が反転しようとしています。

 Something big is about to happen on the sun. According to measurements from NASA-supported observatories, the sun's vast magnetic field is about to flip.

「私たちは3つ以下〜4カ月離れて完全なフィールド反転からしているように見え、「スタンフォード大学の太陽物理学者トッドHoeksemaは述べています。"この変更は、太陽系全体に波及効果を持つことになります。」

 "It looks like we're no more than three to four months away from a complete field reversal," said solar physicist Todd Hoeksema of Stanford University. "This change will have ripple effects throughout the solar system."

画像の説明

http://www.nasa.gov/content/goddard/the-suns-magnetic-field-is-about-to-flip/#.VWFGUPntlBd

  ScienceCasts: The Sun's Magnetic Field is About to Flip

  UFO-ALIENS-НЛО 太陽の近くに巨大な天使
  UFO-ALIENS-НЛО . giant angel near the sun

  地球外知的生命体の応援か?

画像の説明

  ニュース速報が報告します!太陽の近くにレーザーを撃つ巨大なUFO - 2013年11月11日
  Breaking News reported! Giant UFO shooting laser near the Sun - November

 古代から使われている翼のシンボル
 Symbol of the wings that is used from ancient times

 イルミナティの地下都市 / Underground city of the Illuminati

 Illuminati frozen storage of seeds

 イルミナティニュース|スバールバル諸島のジャイアントコールドストア
 Illuminati News | Svalbard's Giant Cold Store

  UFO - "天使"、UFO - 2014年5月27日 - 太陽の近くに「棒」とその他の異常
  UFO - "Angel", UFO - "RODs" and other anomalies near the Sun - May 27, 2014

画像の説明

   -----

古代の地下都市

  カッパドキアの地下都市 / Underground Cities of Cappadocia

http://eden-saga.com/en/turkey-anatolia-underground-cities-goreme-nevshehir-kaymakli-derinkuyu-troglodytes.html

 デリンクユの神秘的な地下都市
  The mysterious underground city of Derinkuyu

http://www.ancient-code.com/the-mysterious-underground-city-of-derinkuyu/

   ------

グローバルエリートのための地下リゾートをDUMBS(言えない)?

 DUMBS underground resorts for the global elite?

なぜノルウェーは非常に強化されたと守られて地下シードリポジトリを構築していますか?なぜトンネルによって相互接続されている都市の世界的な地下システムを構築政府はありますか?

 Why has Norway built a highly fortified and guarded underground seed repository? Why are governments building a world wide underground system of cities that are interconnected by tunnels?

彼ら13百万ドルのマシンを開発(およびこれらのトンネルマシンの多くがあります)数分で2車線の高速道路のために十分な大きさのトンネルのマイルを掘ることができることはしているのはなぜ?

 Why have they developed a 13 million dollar machine (and there are many of these tunnel machines) that can dig a mile of tunnel large enough for a two lane highway in a matter of minutes?

どこにすべてのお金は本当に行くとなぜですか?彼らは、おそらく地球規模の災害を期待していますか?黙示録?操作された核戦争?ポールシフト?氷河期?他のいくつかの致命的な「人口減少」イベント?ない数十億人の人々 - 地下都市が何百万人を収容伝えられることが可能です。あなたがインサイダーではなく、あなたの避難所の\ tは予約をした場合は、運の尽きです。

Where is all the money really going and why? Are they expecting a global disaster perhaps? An apocalypse? An engineered nuclear war? A pole shift? Ice age? Some other catastrophic “depopulating” event? Underground cities are reportedly capable of accommodating millions - not billions of people. If you aren't an insider and you haven\t made reservations, you're out of luck.

   ***

 結論 / Conclusion

MI6エージェントジェームズCasbolt、博士課程の建築家と作者リチャードSauder氏のような内部告発者は、引退した米空軍大佐LフレッチャーProuty、著者ティム·ワイナー、構造エンジニアフィリップ·シュナイダーとカナダ軍の将校はすべてが真実を語っている場合はどう?

 What if whistleblowers like MI6 agent James Casbolt, Phd architect and author Richard Sauder, retired US Air Force Colonel L Fletcher Prouty, author Tim Weiner, structural engineer Philip Schneider and a Canadian military officer are all telling the truth?

地下都市やトンネルの隠された、秘密のネットワークは本当に世界中に何をして存在する場合はどうなりますか?何もが存在する支配エリートによって不吉な計画がある場合?一つは、私たちだけのどれもが予約あるいはタイムシェアを持っていないので、彼らは"そこ"の道をやっているものは人類の利益のためではないことを推測することができます。

 What if a hidden, secret network of underground cities and tunnels really does exist around the globe? What if sinister plans by the ruling elite also exists? One can only guess that the stuff they’re doing way “down there” isn't for the benefit of humankind since none of us have reservations or even a time share.

http://www.helpfreetheearth.com/news16_dumbs.html

   -----

スカラー兵器 / scalar weapons

 抜粋記事 / Excerpt article

その他のスカラー兵器は、西オーストラリアの奥地を使用しても、アメリカと日本(実行部隊はオウム真理教)が1980年代半ばの間にテストされました。ハリー·メイソンによると、彼の「明るい空」の記事で、1980-1985の間に1993年奇妙な大規模な非火の玉光現象の後には、西オーストラリアに記載されています。

 Other scalar weapons were being tested during the mid 1980’s also by America and Japan(Execution troops Aum Shinrikyo) using the Western Australian outback. According to Harry Mason, in his ‘Bright Skies’ articles, between 1980-1985 and after 1993 bizarre massive non-fireball light phenomena has been described in Western Australia.

一般的な光景は、上層大気の夜の空に見られる青白色光の大規模な5〜10秒バーストです。通常固形の目的は、これらのエネルギー排出量で見ていないが、彼らは火球が西オーストラリア州の1990年代のスカラー兵器試験中により飛んだ後に見られるものの爆発に似ています。

 A common sight is massive 5-10 second bursts of blue-white light seen in the night-time skies of the upper atmosphere. Normally no solid object is seen with these energy emissions, but they are similar to those explosions seen after fireballs flew by during scalar weapons tests in the 1990s in Western Australia.

ワシントン州1997年までこれらの約100文書化イベントがあります。唯一の他の同様の排出が激しい、暴力的、青、白の輝きを作成し、大気中に林床から発行された電気をアーチの大規模な青白ストリームテスラ、1900高周波、高電圧スカラー波実験年頃のものです、マイル、持続的な数分間可聴た電気的ノイズを発します。

 There are about 100 documented events of these until 1997, in WA. The only other similar emissions are those circa 1900 high-frequency, high-voltage scalar wave experiments by Tesla, where massive blue-white streams of arching electricity issued from the forest floor into the atmosphere, creating an intense, violent, blue-white glow, emitting an electrical noise, which was audible for miles and lasting several minutes.

点滅し、ビームは1985年前に、アメリカの東海岸を離れて検出されたとベアデンに応じてそれらが発熱モードの1つ以上のスカラー榴弾砲からのものでした。大規模なブームは、このロシアのキツツキオーバーザ地平線レーダーが上昇シャトルを満たしする地球電離層導波管、タイミング、廃止および配向で、地球の曲率以下に使用したために3以上のスペースシャトルは1985年にケープカナベラルで起動登場しました。

 Flashes and beams were detected off the east coast of USA before 1985 and according to Bearden they were from one or more scalar howitzers in exothermic mode. Large booms appeared over 3 space shuttle launches in Cape Canaveral in 1985. For this the Russian Woodpecker over-the-horizon radar was used following the curvature of the earth in the earth-ionospheric waveguide, timing, phasing and orientating to met the rising shuttle.

 ***

ソ連はニューファンドランド、カナダのアメリカ空軍DC-8リフトオフの乗客に極めて残忍でした。 1985年12月12日に、彼らは意図的にそれを破壊し、ボード上の258を殺しました。リフトオフでは、航空機の電源が失われ、グランドテールローに沈みました。その降下し、クラッシュする前に、平面から発行されませ炎や煙が、まだそれはと、同様の「連続EM出現」モードでスカラーEM榴弾砲の使用の署名である黄色またはオレンジ色のハロ、と光る不思議な見られませんでしたいくつかのF-111のがベトナムで撃墜された方法。

 The Soviets were extremely brutal to the passengers of an American airforce DC-8 lifting off in Newfoundland, Canada. On Dec 12 1985, they deliberately destroyed it and killed 258 on board. At lift-off, the aircraft lost power and sank into the ground tail-low. No flame or smoke issued from the plane before its descent and crash, yet it was seen mysteriously glowing with a yellow or orange halo, which is a signature of the use of a scalar EM howitzer in the ‘continuous EM emergence’ mode, similar to the manner in which several F-111’s were downed in Vietnam.

DC-8の電気システムは、EMエネルギーや航空機によって占有時空の各増分を通じて作成EMの妨害ノイズによって妨害されました。エンジンの損失は、エンジンにローカライズされた吸熱(エネルギー抽出)ビームに、おそらくありました。組む、輝く光は、その輝きから行くと航空機を打つ雲と光のボールやビームに形成することが見られました。それが爆発する前に、面内のプラスチックへの即時の火は、シアン化物吸入で皆をガス処刑しました。

 The DC-8’s electrical systems were interfered with by EM energy and EM jamming noise created throughout each increment of spacetime occupied by the aircraft. The loss of the engines was probably due to a localized endothermic (energy extraction) beam to the engines. Crossed, glowing beams were seen to form in the clouds and a ball or beam of light then go from that glow and strike the aircraft. Instant fire to the plastics inside the plane, gassed everyone with cyanide inhalation, before it exploded.

そのエンジンは、むしろ通常の電力のフルノド轟音よりも、痛みを伴う労働に轟音。ベアデンは遠くロシアのオペレータ/砲手は明らかにそれに対して二つのモード、エネルギー干渉、およびエネルギー抽出を使用して、滑走路の下の航空機を追跡主張しています。異常ホール、スカラストライキの特性はfusilageでした。ボブGladwinのは後者の11月にシャトルの打ち上げからのオフセット、これらの武器の一つの実際のストライキの写真を撮りました。

 Its engines roaring in painful labor, rather than with the full-throated roar of normal power. Bearden claims the distant Russian operator/gunner apparently tracked the aircraft down the runway, using two modes against it, energy interference, and energy extraction. An anomalous hole, characteristic of a scalar strike was in the fusilage. Bob Gladwin took a picture of the actual strike of one of those weapons, offset from a shuttle launch in latter Nov.

約2週間後に1985年12月12日に、同一または類似の武器は、ニューファンドランド、米国アローDC-8を押してください。 1985年4月には、バンデンバーグ空軍基地から打ち上げタイタン34-Dのミサイルは、発射後に5秒を爆破しました。ビデオカメラが誤って独立して移動し、アップと爆発の上、タイタンを破壊し、スカラーEM榴弾砲で使用されるソ連マーカービーコンを捉えました。

 1985 and about two weeks later on Dec. 12 the same or a similar weapon hit the US Arrow DC-8 in Newfoundland. On April 1985, a Titan 34-D missile, launched from Vandenberg Air Force Base, blew up 5 seconds after launch. Video cameras inadvertently caught the Soviet marker beacon used with the scalar EM howitzer that destroyed the Titan, up and above the explosion, moving independently.

光のホバリングボールは完全に分離しました。この正のシグネチャは、ソ連はまた、ミサイルを破壊したことは疑いが残ります。 8月、1985年にそこに前のタイタン34-Dのミサイル発射もちょうどリフトオフ後に爆発しました。 1986年5月3日に、衛星を運ぶNASAデルタロケットが失敗しました。これは、起動時にその主エンジンの異常」コマンド型」シャットダウンを持っていたし、コースをそれるようになりました。

 The hovering ball of light was completely separate. This positive signature leaves no doubt that the Soviets destroyed that missile also. The previous Titan 34-D missile launch there in August, 1985 also blew up just after lift-off. On May 3 1986, a NASA Delta rocket carrying a satellite failed. It had a an anomalous ‘command-type’ shutdown of its main engine during launch and began to veer off course.

フィルムに別の異常光は、ロケットの下から上に移動して、破壊するまでの秒でそれを打ちました。ベアデンは、光を言うプラス 'は、内部コマンドは、サージ「オーバーザ地平線トラッキングモードで動作する励起型位相共役鏡の付属物からの時間反転EMパルスと干渉を強く示すものです。 

 On film another anomalous light moved up from beneath the rocket and struck it, seconds before the destruction. Bearden says the light plus the ‘internal command surges’ are strongly indicative of time-reversed EM pulses and interferometry from a pumped phase conjugate mirror adjunct operating with an over-the-horizon tracking mode.

1986年1月1日には、フランク·ゴールデンは、金属軟化スカラーEM信号がソ連キツツキ信号に付加されていたことを、物理的に特別な技術を用いて検証し、検出され、これは彼らが後でスペースシャトルで使用されるものです。 1986年の春に、異常に強いソ連気象エンジニアリングは米国南東部の大幅な干ばつを引き起こし、米国経由で発生しました

 On Jan 1 1986, Frank Golden detected, physically verifying with a special technique, that a metal softening scalar EM signal had been added onto the Soviet Woodpecker signals, and this is what they later used on the space shuttles. In the spring of 1986, abnormally strong Soviet weather engineering occurred over the U.S., causing a drastic drought in the southeastern U.S.

この干ばつはジェットストリームをリダイレクトするために彼自身の非常に強力なスカラーEMデバイスで、ベアデンの同僚によって壊れていました。この「ブロッキング」のユニークな署名は、中·東部米国ベアデンの同僚以上の渦巻く雲に明らかに隣接する二つの巨大な「穴」として示し、大気中で開発された巨大な2本の循環となった病気になって停止しなければならなかった、とすぐにジェットストリームは、元に戻すと、干ばつに南東を返します。

 This drought was broken by Bearden’s colleague, with his own extremely powerful scalar EM device to redirect jetstreams. A unique signature of this “blocking” resulted with two huge circulations developed in the atmosphere, clearly showing as two adjacent giant “holes” in the swirling cloud cover over the middle and eastern U.S. Bearden’s colleague became ill and had to stop, and immediately the jet streams changed back and returning drought the southeast.

https://atrueott.wordpress.com/2011/03/28/scalar-weapons-all-you-need-to-know/

   -----

HAARP、スマートグリッド、および大型ハドロン衝突型加速器

  HAARP, Smart Grids, and the Large Hadron Collider

 抜粋記事 / Excerpt article

スマートグリッドは、実際に操作し、人間の知覚のプログラミングを目的とした無線情報インターネットの別の形態です。気候変動の嘘は、送信機の電球と「効率的なエネルギー'スマートグリッドを介して人間の奴隷化を正当化するために再び使用されています。

 Smart Grids are in fact another form of the wireless information Internet aimed at manipulating and programming human perception. The climate-change lie is being used once again to justify human enslavement through the transmitter bulbs and the ‘energy efficient’ Smart Grid.

システムはまた、当局は分単位であなたのエネルギー利用分を監視し、加熱を下げるか、オフに彼らがそう選択した場合することができます。 (米国エネルギー省が所有)パシフィック·ノースウェスト国立研究所は、技術がどのように機能するかを説明しました:

 The system also allows the authorities to monitor your energy use minute by minute and turn your heating down or off if they so choose. The Pacific Northwest National Laboratory (owned by the US Department of Energy) described how the technology would work:

 ***

あなたの人生は常に放射線でご自宅やビジネスを浴びることになる無線通信を使用してプログラムされたコンピュータ·システムによって遠方から制御されます。このシステムは、それが完全に動作したら、人々は自宅で行うすべてを監視することができるようになります。

 Your whole life would be controlled from afar by programmed computer systems using wireless communications that would constantly bathe your home and business in radiation. The system will be able to monitor everything people do at home once it is fully operational.

いわゆる「スマートメーター」はカリフォルニアに設置されている、と彼らは非常に論争であることが判明しています。多くは、火災をキャッチして、人々は、彼らが発する放射線の通常の影響に苦しんでいる - 極端なめまい、吐き気、インフルエンザ様症状、メモリの問題と不眠症。スマートメーターは、電力供給に電磁パルスで無線情報を送信し、これが病気を引き起こすものです。彼らは私たちと私たちの家庭での子供たちを殺すためにしようとしています。

 So-called ‘Smart Meters’ are being installed in California, and they have proved to be highly controversial. Many are catching fire, and people are suffering from the usual effects of the radiation they emit – extreme dizziness, nausea, flu-like symptoms, memory problems and insomnia. Smart Meters transmit wireless information in electromagnetic pulses to the electricity supply, and this is what causes the ill health. They are trying to kill us and our children in our homes.

スマートグリッドは、エネルギーを節約し、電気代を削減することになったが、カリフォルニア州のテレビ局は、古いシステムに対してそれらをテストしたときには、反対があった場合に見出されます。個人的な経験は、法案が実際に急上昇し、政府の立法の小さな活字を読むときには、インストールのための法案を払う身している人ではなく、エネルギー企業、であることを示唆しています。

 Smart Grids are supposed to save energy and cut electricity bills, but when a California television station tested them against the old system they found the opposite was the case. Personal experience suggests that bills actually soar and when you read the small print of government legislation it is the people, not the energy corporations, who are footing the bill for installation.

http://wariscrime.com/new/haarp-smart-grids-and-the-large-hadron-collider/

   -----

CERNの粒子の衝突の履歴書

 CERN particle collisions resume

  テクノロジー | 2011年3月14日11:46 EDT
  Technology | Mon Mar 14, 2011 11:46am EDT

  
      GENEVA | BY ROBERT EVANS

CERNの科学者は、彼らが中心の大型ハドロン衝突型加速器(LHC)での宇宙の起源にそのプローブを再開、週末に今年の彼らの最初の光速の粒子の衝突を上演したと発表しました。

 CERN scientists said Monday they staged their first speed-of-light particle collisions of the year at the weekend, resuming their probes into the origins of the cosmos in the centre's Large Hadron Collider (LHC).

"It started up well, with stable beams. We are even a little ahead of schedule after the winter break," spokesman James Gillies told Reuters.

画像の説明

http://www.reuters.com/article/2011/03/14/us-science-cern-idUSTRE72D5DR20110314

   -----

Will the Large Hadron Collider Destroy Earth?

大型ハドロン衝突型加速器(LHC)のコスト

それはどれくらいしますか?
 How much does it cost?

施設は、80億ドル(972,280,000,000円)、コスト。そのうちアメリカから寄贈されました5.31億ドル(64,535,085,000円)。約60カ国から8,000人以上の科学者がLHC実験に協力します。

 The facility cost $8 billion, $531 million of which was contributed by the United States. More than 8,000 scientists from almost 60 countries will collaborate on LHC experiments.

http://www.livescience.com/32204-will-the-large-hadron-collider-destroy-earth.html

   -----

CERN ALERT:大型ハドロン衝突型加速器 - 大量破壊の最終兵器 - パート1

CERN ALERT: The Large Hadron Collider – Ultimate Weapon of Mass Destruction - Part 1

大量破壊の最終兵器大型ハドロン衝突型加速器: "ブラックホール"を活用

 Harnessing “Black Holes”: The Large Hadron Collider – Ultimate Weapon of Mass Destruction

画像の説明

 LHCの建設と運​​転の危険性
 LHC construction and operating hazards

人生の現実は地球と宇宙は、相互接続され、親密な生態系を入れ子にしていることです。すべてが一緒に統一されているので、何が、一箇所への影響のすべてで発生します。

 The reality of life is that the Earth and the universe are nesting, interconnected, intimate ecosystems. What happens in one place effects everything, because everything is unified together.

まず、ここではその構成に関するいくつかの事実と大型ハドロン衝突型加速器についての質問は次のとおりです。

 First, here are some facts and questions about the Large Hadron Collider regarding its construction:

LHCは、磁界を有する少なくとも一つの磁石有する 10万倍強い 地球の磁場をより

 LHC has at least one magnet with a magnetic field 100,000 times stronger than the Earth’s magnetic field

それは、地球の自己保護、生命維持の磁場にどのような影響がありますか?

 What impact does that have on the Earth’s self-protective, life-sustaining magnetic fields?

[3]「LHCの27キロの長いトンネルを並べる巨大な超伝導磁石は-271摂氏から室温まで、ゆっくり、ゆっくりと、ウォームアップする必要があります」。シャットダウンと再起動は明らかに数ヶ月かかることができます。[4]

 “The huge superconducting magnets that line the LHC’s 27km-long tunnel must be warmed up, slowly and gently, from -271 Celsius to room temperature”[3]. A shutdown and restart can apparently take months.[4]

地球の磁場の全体への影響は極めて磁気、超冷却LHCシステムとは何ですか?

 What is the impact of the entire extremely magnetic, super-cooled LHC system on the Earth’s magnetic field?

何が地球とその磁場にLHCが投入されるたびに、どうなりますか?

 What happens to the Earth and its magnetic fields every time the LHC is turned on?

磁石は「ゆっくり、ゆっくり」が暖められていない場合、Oはどうなりますか?

 o What happens if the magnets are not “slowly and gently” warmed up?

事故はヘリウム通気孔および/または急速に磁石を加熱し、火災や爆発が発生した場合、Oはどうなりますか?

 o What happens if an accident vents the helium and/or causes fire and explosions that rapidly heat up the magnets?

   ***

これは、目に見えないです部分的にので、完璧な軍の武器です。
 This is a perfect military weapon, partially because it’s invisible.

http://www.globalresearch.ca/the-large-hadron-collider-ultimate-weapon-of-mass-destruction/5442232

真実を探すブログ

画像の説明

http://linkis.com/saigaijyouhou.com/8I1Ls

新たな加速器の建造地として注目される東北地方

引用:
あるAnonymous Coward 曰く、
世界最大の粒子加速器である、CERNのLHC(Large Hadron Collider)はいくつかの新発見をもたらしたが、LHCにも限界があり、これに変わる新たな加速器の建造が議論されているという。そして、その建造地として日本の東北地方が注目されているそうだ(WIRED)。
LHCはまだまだ現役であり、それに変わる何かをヨーロッパに建造するという段階ではない。また、米国は加速器の建造に消極的だという。そのため、新たな加速器が建造されるとしたらその場所は日本である可能性が高いそうだ。
:引用終了

   -----

私の最初のスレッド。親切にしてください。

 My first thread. Please be kind.

私は、科学/物理学のバックグラウンドを持っていません。私は一体何が起こっているかを把握しようとしています。それはHAARP、CERN、または私達の政府が私たちが知らないことを持っている他のデバイスですか?または母なる地球は本当に怒っているのですか?ただ答えを求めています。誰もがこの領域で専門知識を持っている場合は、コメントをいただければ幸いです。あなたの考えを参照してください....

 
I have no background in science/physics. I'm just trying to figure out what the heck is going on. Is it HAARP, CERN, or some other device our government has that we don't know about? Or is Mother Earth just REALLY angry? Just want answers. If anyone has expertise on this area, comments would be appreciated. See what you think....

LHCは> 9地震を再起動します
 
 LHC restarts the >9 Earthquake

CERN(欧州原子核研究センター)は今週LHC再起動しました。 9地震が日本を襲っています。すぐにCERNのように、間違って行くことができませんでした、超安全な原子炉は、溶融しました。

 CERN has restarted this week the LHC. A 9 earthquake has hit Japan. Soon the ultra-safe nuclear reactors that could never go wrong, like CERN, melted.

要約:大型ハドロン衝突型加速器は、その中心の後に地球上で最大の磁界です。地震は、地球の磁場の変化によって引き起こされます。マシンは2010年にオンするので、2010年には21〜13 + 7の統計的平均から地震に大きな-100%の増加、および25の今年の平均がありました。磁場の他の有意な変化は、地球上で行われていません。また、歴史の中で初めて、リヒタースケールで8.8を介して2つのスーパー地震(チリと日本は)、年連続で起こった...我々は2年間このウェブ上で私たちの最初の投稿で予測因果、この可能性チェーン前に、このマシンの人間の生活に計り知れないリスクを示す機械はブラックホールの生成の10 TEV障壁を越えてその強度をアップグレード2014の明白なリスクに加えました。

Abstract: The Large Hadron Collider is the biggest magnetic field on Earth after its center. Earthquakes are caused by changes in the magnetic field of the Earth. Since the machine switched on in 2010, there has been a significant -100% increase on Earthquakes from the statistical mean of 13 plus 7, to 21 in 2010 and this year mean of 25 . No other significant change on magnetic fields have taken place on Earth. Moreover, for the first time in history, two super-earthquakes over 8.8 in the Richter scale (Chile and Japan), happened in consecutive years… This possible chain of cause-effect, which we predicted in our first post on this web 2 years ago, added to the evident risks of 2014, when the machine upgrades its strength beyond the 10 Tev barrier of creation of black holes show the immense risks on human lives of this machine.

原子力産業の破損、安全対策の欠如、原子力事故のリスクと被害者の一定の拒否(ベラルーシは200.000がんの犠牲者を肯定IAEAによってチェルノブイリで認識56死んだ)の程度は、CERNが上の二枚舌を継続したパターンを示していますキャスター論文の場合は、それはそれはそうstrangeletsを行います断言します。

 The degree of corruption of the Nuclear Industry, lack of safety measures, constant denial of risks and victims of Nuclear accidents (56 dead recognized in Chernobyl by the IAEA, when Belorussia affirms 200.000 cancer victims) shows a pattern that CERN continues with its duplicity on the case of the Castor Papers in which it affirms it will likely make strangelets.

一方、同社は、スーツを不履行と安全会議を求めてドイツの裁判所の最終解決をバイパスし続けます。そして一般市民や政治家は盲目的に、その時代遅れの理論それらの「専門家」は、複数の時間を示す矢印と位相空間の第4パラダイムによって開かれた新しい道を通って前進​​する、科学の将来には重要である信頼します...

 Meanwhile the company keeps defaulting suits and bypassing the last resolution of a German Court asking for a safety conference; and the general public and politicians blindly trust their ‘experts’, whose outdated theories are of no importance to the future of science, advancing through the new avenues opened by the 4th paradigm of multiple time arrows and topological spaces…

反核運動と緑の党、この問題への希望的観測失明を継続し、ドイツの裁判所によって尋ね安全会議を要求するべきではない、CERNは、そのリスクに、原子力産業の残りの部分から異なっていないことを一度、すべての理解、安全基準の欠如、これらのリスクを拡散するnewspeaksの利用、倫理と人間の生活とその堅い口の潜在的な損失のために無関心。彼らは完全には理解していない分野での専門知識のプレテンションを愛用。

 The anti-Nuclear movement and Green party should not continue its wishful blindness to this issue and demand the safety conferences asked by the German Court, understanding once and for all that CERN is not different from the rest of the Nuclear Industry, in its risks, its lack of safety standards, its use of newspeaks to diffuse those risks, its indifference for ethics and potential losses of human lives and its stiff-necked. patronizing pretension of expertise in fields they do not fully understand.

地球の磁場は地質研究者は無視する形でそれを強化混沌とフラクタル効果の典型的なケースであるが、その流体、高エネルギッシュな形を与えられ、その容易simmile(直喩(ちよくゆ)メタファー)は嵐のバタフライ効果です。我々は、この100%の成長が行われた方法を知っているふりをするには、不正です。 LHCは、暗黒物質の種類、ブラックホールやstrnagelets、地球への落下に「うまくいけば」decauこと、またはを生産しているため、その磁気リングがバタフライ効果でその増加する地球の分野の変化のカスケードに影響を与えるため、THTのいずれかを知っています地震は、これは捕えられる確率で起こると何兆ドルで、コストや地震の生活は容易である数十万を計算することができます。

 The magnetic field of the earth is a typical case of chaotic and fractal effects that strengthen it in forms geological researchers ignore, but given its fluid, highly enegetic form, its easier simmile is with the buterfly effect of a storm. To pretend we know how this 100% growth has taken place, is false. TO KNOW THT either because the lhc is producing types of dark matter, black holes or strnagelets, that ‘hopefully’ decau on their fall to earth, or because its magnetic rings affect in a butterfly effect a cascade of changes in the earth’s fields that infcreases earthquakes this can happen with a seizable probability and calculate the costs in trillions of dollars and hundreds of thousands of life of earthquakes is easy.

即時アクションは、この問題の偶数プレス交渉を必要とし、まだされていません。なぜでしょうか?

 immediate action is needed and yet not even the press talks of this issue. Why?

http://www.abovetopsecret.com/forum/thread677315/pg1

   -----

2008年9月10日は水曜日。

 2+0+0+8+9-1-0=18=6+6+6

出来事
イラン南部のペルシャ湾岸でマグニチュード6.1の地震発生。アラビア半島のUAEドバイでも揺れを確認
大型ハドロン衝突型加速器での陽子ビーム周回試験が成功
福岡県の指定暴力団工藤会系津川組の幹部が射殺される
自由民主党総裁選スタート、立候補者5名

http://dic.nicovideo.jp/a/2008%E5%B9%B49%E6%9C%8810%E6%97%A5

   -----

クリスマスで2015は 12月25日(金曜日)

 2+0+1+5+1+2+2+5=18=6+6+6

2014年8月には、改装されたRHICはstrangelet(奇妙な+‎-されます)の最初の原子を蒸留しました。今4月にCERN(欧州原子核研究センター)のLHCは、その効力を倍増します。したがって、大規模なクリスマス2015年のイオン衝突スケジュールのstrangeletが生成されます。

 In August 2014, a refurbished RHIC distillated the first atoms of strangelet. Now, in April the LHC at CERN doubles its potency. Thus it will massively produce strangelet in its ion collisions schedule for Christmas 2015.

http://www.bibliotecapleyades.net/ciencia/ciencia_colisionadorhadrones37.htm

   -----

人生、宇宙、すべて?世界最大のマシンが再起動する準備ができて取得します

Life, the universe and everything? World's largest machine gets ready to restart

 更新1135 GMT(1935 HKT)2015年3月12日

画像の説明

http://edition.cnn.com/2015/03/11/tech/mci-large-hadron-collider-restart/

   -----

Ahrcanum | CERNは、地震が発生します

 CERN causes earthquakes | Ahrcanum

画像の説明

http://ahrcanum.com/tag/cern-causes-earthquakes/

   -----

シューマン共振第五世界 / Schumann Resonance Fifth World

I have a theory about the quickening of the shumann resonance. They say that the resonance controls our perception of time. People feel as if there is less time in the day. Think of the Earth like a bicycle tire. The outer portion (tire and rim), are like the surface of the planet. The spokes would be the resonance. When the tire is spun the spokes increase in speed. At a certain point though, they appear to rotate in the opposite direction. It is said that the Sun used to rise in the West. If the shumann resonance continues to increase, this could cause the Earth to stop, then begin rotating in the opposite direction. This would be the beginning of the foretold Fifth World.
edit on 15-4-2015 by Oannes because: (no reason given)

http://www.abovetopsecret.com/forum/thread1063926/pg1

   -----

HAARP以外に考えられるのは、LHC大型ハドロン衝突型加速器です。

最近、上空に黒いリングが出現しましたが、これはCERNのLHCが原因である可能性があります。黒いリングが出現した原因は、LHCから放出された電磁エネルギーが大気圏を貫通し、地球のドームに反響したためと思われます。

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51959375.html

地球のシューマンの周波数共振が倍増しています!
 Schumann Frequency Resonance of the Earth Has DOUBLED!

http://beforeitsnews.com/power-elite/2015/05/schumann-frequency-resonance-of-the-earth-has-doubled-2448980.html


 ***

CERN causes earthquakes

CERN particle collisions resume

LHC = HAARP

H.A.A.R.P. & Large Hadron Collider (LHC)

Crustal movements under the influence of the LHC

LHC facility in the world

LHC of the world

CERN and the LHC (Large Hadron Collider)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3660055

気象 ケムトレイル HAARP CERN LHC 電磁波兵器
http://www.nicovideo.jp/mylist/4980850

 ***

The sun of the Schumann resonance

 *** 

サタンの計画の理解
http://watch.pair.com/new-earth.html

 ***

カテゴリーデイビッド·アイク
https://lahoradedespertar.wordpress.com/category/david-icke/

 ***

「死の天使」:特殊部隊の最新の武器は世界最大の飛行榴弾砲です

画像の説明

http://www.dailymail.co.uk/news/article-1299305/The-Angel-Death--Special-Forces-latest-weapon-biggest-flying-howitzer-world.html

 ***

http://creation.com/fossil-magnetism-reveals-rapid-reversals-of-the-earths-magnetic-field

What Will Happen When the Earth's Magnetic Field Begins

Sun's Magnetic Field to Reverse

Reversal magnetic field of the Earth

http://www.nasa.gov/content/goddard/the-suns-magnetic-field-is-about-to-flip/#.VWGLhU_tlBe

http://www.smithsonianmag.com/science-nature/what-will-happen-when-earths-magnetic-field-begins-reverse-180951166/?no-ist

http://www.physics.org/facts/frog-magnetic-field.asp

http://www.bibliotecapleyades.net/ciencia/ciencia_colisionadorhadrones37.htm

http://creation.com/fossil-magnetism-reveals-rapid-reversals-of-the-earths-magnetic-field

Underground Roadway System Leading to Undergound Cities of the Illuminati !
https://socioecohistory.wordpress.com/2013/03/04/underground-roadway-system-leading-to-undergound-cities-of-the-illuminati/

Underground Cities and Networks Around the World
Myths and Reality
http://nexusilluminati.blogspot.jp/2014/04/underground-cities-and-networks-around.html

   ***

Underground city of the Illuminati

Symbol of wings Illuminati use

Ice age live in the underground city

Rumors have been surfacing for decades about the darkest of government secrets - concealed underground cities called DUMBS.

DUMBS

The mysterious underground city of Derinkuyu

Cause of the ice age LHC

CERN Says Earth Entering New Ice Age

Cosmic rays kill the human race

Increase of cosmic rays LHC

Pole Shift LHC

CERN LHC Turned On In March 2015, Black Hole Doomsday Machine? Nostradamus Prophecy 1/4/2015 (Video)

powered by Quick Homepage Maker 4.51
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

QLOOKアクセス解析